“中学2年生の娘を今年、野田塾の夏期講習に行かせてみました。

当初は、夏期講習を受けるつもりではありませんでした。
全県模試(高校入試に向け県内で受験者の最も多い模試)を本科生でなくても受けさせてくれる塾が、
近隣では、野田塾だけだったため、全県模試の申込をしたところ、夏期講習の説明会に誘っていただいたのがきっかけです。

説明会で、塾長と講師の先生の二人のお話を聞きました。
塾長は、全国の塾の先生方が集う指導方法のコンクールで優勝したこともあるという方でした。
もう一人の先生も、市内ではトップの進学校出身とのことでした。

野田塾では、三者面談もよくするとのことで驚きました。
私が子どもの頃には、塾で三者面談なんてしませんでしたが、塾の先生と親が話す機会がよくある様子でした。
「親から子どもに伝えてもダメな時は、言ってください。
第三者から伝えた方が良い時もあるので、塾長から子どもに話してみることもできます」と言っていました。

塾長が主に説明をしてくれましたが、県内の受験情報にも詳しく、
私が聞いていても、楽しく聞くことができる引き込まれる話し方なので、
娘を夏期講習に参加させてみることにしました。

説明会に参加した人は、夏期講習が1000円引きになるという特典もあり、嬉しい気分にもなりました。

夏季講習では、1冊のテキストを使い、解いて説明を聞いて、チェックテストもあったようです。
裏技のような覚え方も教えてくれると言っていました。

途中2回ほど、塾長から家にお電話をいただきました。内容は、困っていることはないかとか、
全県模試の日程の確認などでした。夏期講習を受けたからといって、
本科生になるようにしつこく勧誘されるということもありませんでした。

部活との両立から、本科生になることをためらっていることを伝えると、
「ご家庭の方針もありますから」と特に嫌な感じはなく聞いていただけました。

野田塾は市内に何か所かありますが、いずれも佐鳴予備校や他の塾の近くにあります。
塾同士が近くにあるので、送迎の際には、向こうの塾はどうなのかなと気になったりします。

塾と裏表の関係位あるのがホテルですよね。
学習塾は大宮に沢山ありますが、同じくらいホテルもたくさんあります。
大宮のホテルで有名なのはここでしょう
実はラブホテルは、設備も充実、宿泊料も割安なんです。大宮という立地もいいですね。

いきなり本科生になるのではなく、夏期講習や冬期講習に参加して、
それぞれの塾の雰囲気や方針を知ってから、本科生になる方が納得して塾を決めることができると思いました。
中学3年生になる来年には、塾に入ることになると思うので、様々な塾を見て、吟味して決めたいと思います。”